1. TOP
  2. リフォームを成功させるために、知っておきたい失敗パターンとその対策法

リフォームを成功させるために、知っておきたい失敗パターンとその対策法

せっかくリフォームをしたのに、こんなはずではなかった!

と後悔したくないですよね。

大切なお金や時間をかけてリフォームをするのですから思い通りのリフォームにしたいものです。
そのためには、よくあるリフォームの失敗例を知って、同じ失敗をしないことが大切です。

ここでは、リフォームを成功させるため、リフォームのよくある失敗例とその原因と対策法をお伝えします。

Sponsored Link

 

リフォームの成功と失敗の違いは?

 

まず、リフォームの成功と失敗の違いとはどんなものかを確認しておきましょう。

リフォームは大きく分けると一戸建ての場合とマンションの場合があり、それぞれに今住んでいる家のリフォームと、中古物件を購入したときのリフォームがあります。

リフォームの目的はもちろん、現在の住まいの不備を直したり、より住みやすい家に改装したりすることです。

ひとくちに「住みやすくする」と言っても、

  • 不具合や危険を解消するリフォーム(水漏れ、すきま風の修繕、耐震補強など)
  • スペースの配分を見直して、便利さ、快適さを加えるリフォーム(間取りの変更など)
  • スペースを広げたり、インテリアの質を上げたり、暮らしのグレードをアップするリフォーム(増築、サンルームの設置なと)

などがあります。②と③はリノベーションとも言われます。
リフォームの成功と失敗の違いとは、

リフォームの成功とは、リフォームの結果、期待したとおり、または期待した以上に使いやすくなったり、綺麗になったりしたすまいにできた場合です。
しかし、思った通りの結果が得られなかった場合、失敗したと感じます。

では、実際に失敗例を見ていきましょう。

 

後悔が残るリフォームの失敗例

 

せっかくしたリフォームなのに、失敗したと後悔する場合には大きく分けると次の3つがあります。

  • リフォームのプラン・内容についての後悔・失敗例
  • リフォームの出来栄えについての後悔・不満・失敗例
  • リフォームにかけたお金についての後悔・失敗例


リフォームのプラン・内容についての後悔・失敗例

「もっと別のプランにすればよかった」という後悔・失敗例は、家族とよく話し合わないで計画を進めたときに起きがちです。

とくに夫婦のどちらかが独断専行すると、大げさに言うと一生消えないような後悔や恨みを残すこともあります。一人で考えたのでは見逃すポイントも家族で相談すれば見つけることができます。

 

リフォームプランの失敗例

現在の暮らしだけを考えて立てたプラン

小学生の子供部屋の壁紙を子どもの希望でかわいい花柄に、などというプランは後悔のもとになります。高校生になった子どもが「こんなの恥ずかしい」と言っても、壁紙の張り替えだって安くはありません。

手持ちの家具や家電に合わせてレイアウトやスペースを決めた場合、買い替えが必要になったら入らないなどということも起こります。

子どもの成長や、将来の家族構成の変化も考えあわせたプランにしましょう。

季節の変化を考えなかったプラン

夏にプランを立てると冬の暮らし方に注意がいかないことがあります。
「薪ストーブをつける煙突穴をあけておくべきだった」、「床暖房があればよかった」

また、冬にプランを立てて「天窓をつけたけど、夏は暑すぎた」
などと後悔しないように、今とは違う季節の暮らし方もイメージしてプランを立てましょう。

ユニークな壁や設備の色

色選びは後悔しやすいポイントです。

プランを立てているときは「素敵!」と思っても、壁紙やシステムキッチン、浴室などの設備の色を派手すぎる色や、個性的なものにすると後悔しがちです。
家具などのインテリアに合わなかったり、飽きやすくなったりします。
とくに、家族の意見を聞かなかった場合は、バッシングが強くなります。

家事の動線を考慮しないプラン

お父さんが独断専行ぎみでプランを立てると、主婦の家事の動線をあまり考慮しないプランになることがあります。
大規模なリノベーションのときには特に、家族のそれぞれが現在の家のどこに不便を感じているかを聞いておくことが大切です。

収納スペースを取りすぎるプラン、少なすぎるプラン

テレビなどのリフォーム番組などではかならず「大容量の収納スペース」というナレーションが入りますが、収納スペースは作れば作るほどムダなものが増える傾向があります。
「必要がないものは取っておかない、使いやすく整理するという。」気持ちがないと、いくらあっても足りないのが収納スペースです。

少なすぎる収納は論外ですが、収納は多すぎても、使いやすい位置になければ上手に活用できません。
収納スペースを広げすぎて居住スペースが狭くなっても困ります。

限られたスペースで快適に暮らすには、適切な場所に必要な収納スペースをつくることが大切です。

トイレ、水回りにしわ寄せが行くプラン

広いリビングはリフォームの目的として多いものですが、そのためにトイレやバス、洗濯機の置き場所などが狭くなったり使い勝手が悪くなったりすると、後悔します。

 

家はくつろぐ場であると同時に、暮らしのためのさまざまな用事をこなす場であることも忘れないようにしましょう。

 

リフォームしない部分とマッチしないプラン

リフォームした所と古いままの所に違和感があるのはある程度しかたありませんが、あまり極端にならないように考えておくのもリフォームを成功させる1つのポイントです。

クロスを変えたら、コンセントやスイッチプレートの古いのが目立つことがあります。

 

リフォームが完成した後の出来栄えの後悔・不満・失敗例

 

プランのまずさが完成後に明らかになったというケースを除くと、完成後の後悔は業者の仕事ぶりに対する不満が基になっています。つまり業者選びの後悔ですね。

 

リフォームの工事についての失敗例

工事が雑

補修の跡がはっきり見えるなど不細工な仕上がりが目につくと、せっかくのリフォームが台無しになります。代金の支払いなどをめぐって業者とトラブルになりがちです。

リフォーム後数年で不具合が生じる

外壁の工事で出来てすぐはきれいだったが2~3年すると壁がはがれてきた、などのケースです。

また、業者選びの後悔は多くの場合「お金についての後悔」に関係しています。


リフォームにかけたお金についての後悔・失敗例

予算をケチったための後悔・失敗例

「保温型の浴槽にしておけば良かった」「床材のグレードをもうワンランクアップするべきだった」などの後悔です。

あれもこれもと夢を膨らませ過ぎるのは問題ですが、かけるべきところにお金をかけなかったための後悔も少なくありません。

リフォームにお金をかけ過ぎた後悔・失敗例

リフォームにお金をかけ過ぎると、預金が残り少なくなって不安になる、
リフォームローンの支払いに苦労する、
などの後悔が生じます。

家は立派になったけど生活が苦しくなった、では成功したリフォームとは言えません。

費用を値切ったための後悔・失敗例

見積もりの金額を交渉して安くしてもらったけど、建材が安っぽかった、工事が雑であらが目立つ、などの後悔も珍しくありません。

総額だけを見て値切ると起きやすい失敗です。

相見積りをして安い業者に頼んだ失敗例

他社と比べてかけ離れて安い業者がいたとしたら、むしろ用心すべきです。
完成後に「安いには安いなりの理由があったんだなぁ」と気がついても後の祭りです。

相見積もりは値段の比較だけでなく、業者の仕事に対する姿勢を判断する材料です。
質問に誠実に答えてくれるかどうかを見ると、おおよその判断はつくものです。

知り合いの業者に発注したための後悔・失敗例

「兄弟の友人が大工さんなので信頼できると思ったのに、結局高くて下手だった」ということもよくあります。知り合いだから良心的とは限りません。

暇な業者なら、ここぞとばかり利益率を確保してくることがあります。

兄弟や業者に妙な遠慮がでて、言いたいことが言えない場合もあります。

飛び込みの営業マンと契約した後悔・失敗

外壁や屋根の修理、夜間電力を使用した電気給湯システムなど、「今このへんの工事をしているものですが」などと言って飛び込みでセールスする業者がいます。

こういう業者はまちがいなく悪徳業者または準悪徳のぼったくり業者なので、絶対に相手にしてはいけません。その日その場で契約しようとするのが彼らの共通の手口です。

 

以上の後悔のパターンを見てつくづく思うのは、業者選びの大切さと難しさですね。

それも含めて、リフォームを成功させるにはどんな対策があるかを考えてみましょう。

 

 

後悔しないリフォームするための対策法

 

リフォームで成功するポイントは、上記のような失敗パターンを参考にプランをチェックすることです。

家族でよく相談する

後でブーイングがでないようにするためにも、一人では見逃すポイントを見つけるためにも、プランの段階で家族とよく話し合うことが大切です。

スケール(巻尺)を手にしながらプランニングする

大まかなプランでも目測だけで進めると、実寸とは誤差が大きく一からやり直しということになりかねません。家の間取りや什器の寸法を計りながらプランを立てる癖をつけましょう。

ショールームに足を運ぶ

システムキッチン、浴槽、壁紙などをカタログだけで決めると後悔することがあります。できるだけショールームなどで実物を見ておくと安心です。

リフォームした友人の家を見せてもらう

成功例、失敗例にかかわらず、友人の生の話はリアリティがあり、参考になります。ていねいな仕事ぶりの業者なら、紹介してもらうのも1つの方法です。

リフォーム業者選びを急がない

リフォーム業者選びの最大のポイントは「信頼性」です。

信頼性を見きわめるには、

・会社の歴史

・リフォーム実績

・リフォームの業界団体への加盟の有無

・地元での評判

・相場にあった価格提示

・担当者の説明のていねいさ

・相談したときの提案内容

・完成後の保証やアフターサービス

などを総合的に判断する必要があります。

また、これらのポイントを担当者に質問したときに、あいまいな返事しか返ってこないようなら要注意です。

 

最後に

ここまでお読みいただいていかがでしたでしょうか?

失敗のパターンがこんなに多いの? と不安になった人もいるかもしれませんね。

でも、リフォームを成功させて満足している人はたくさんいます。

リフォームはできているものを買うのではありませんので、思った通りにできなかったと後悔や不満がある人も多いのが現状です。

もちろん、欲を言えばきりがないし、どこかに不満が残るのは仕方がない場合もありますが、夜も寝られないくらい後悔するようなことになると、せっかくリフォームしても幸せとは言えませんね。
失敗例を参考にして、後悔のないようにしたいものです。

 

リフォーム会社選び

リフォームをするときはプランづくりと、リフォーム会社選びなどの準備が大切です。
リフォーム会社選びがうまくいけば、ほぼリフォームは成功できます。

リフォーム会社を選ぶ際には、見積もりを数社に依頼することが必要です。

その際にはこちらのサイトが便利です。

【無料】リフォームの見積り比較サイト【タウンライフリフォーム】

 

リフォーム会社選びやリフォームの進め方についてはこちらの記事もご覧ください。

 

Sponsored Link

 

\ SNSでシェアしよう! /

くらすうぃず|不動産、リフォーム、インテリア等の住まいの情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

くらすうぃず|不動産、リフォーム、インテリア等の住まいの情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

いむら

いむら

楽しく暮らすための、住まいと暮らしについての情報をお届けします。
インテリアコーディネーター、二級建築士、風水カウンセラー、福祉住環境コーディネーター、色彩コーディネーター1級、宅地建物取引士
いむらの詳しいプロフィールは>>こちら