1. TOP
  2. 不動産
  3. 住まいの売却は東急リバブルのホームページからがオススメ

住まいの売却は東急リバブルのホームページからがオススメ

 

子供の成長などで家族構成が変わったり、老後の終の住処を見つけたりするために、引っ越したいけど、今住んでいる住まいどうすればいいか悩んでいませんか?

長く住んでいればいるほど、近所のお店や知り合いとの関係や生活のパターンが大きく変わってしまう住み替えや引っ越しは、なかなか思い切りがつかないものですね。

またまだ住宅ローンの残高が残っている場合は、新しい住まいを見つけても、今のローンの精算と新しい住まいでローンを組むことができるのかどうかも心配ですね。

うまく買い替えをする為には、現在の住まいを高く売らなければならない!
今の家を家が売れるのか、高く売るにはどうすればいいのか?

そんな時はまず不動産売買のプロに相談するのが得策です。

その理由とおすすめ不動産会社、高く売るための方法をみていきましょう。

不動産のプロに依頼する

家を売るためには、いくらで売るのか、いつまでに売るのかなど決めなければならないことがたくさんあります。

家の売却の際には不動産会社に依頼するのが簡単です。

不動産売却には売却の進め方を知っておくことと信頼できる不動産会社を選ぶことが大切です。

詳しくはこちら↓の記事を参考にどうぞ

不動産売買のプロといってもどうやって見つければいいのでしょうか?

不動産屋さんは駅の近くなどにはたくさんありますが、多くは個人経営のお店で、なかなか敷居が高いものです。

また、会社によっては不動産売却の専門店もあれば、賃貸を中心にしている会社もあります。たくさんの会社から自分にあった会社を見つけることは難しいかもしれません。

実は、ネットから簡単に不動産会社のプロに相談できるのです。

それは東急リバブルがおすすめです。

 

東急リバブルがおすすめの理由

東急リバブルとは

全国ネットの不動産会社の中でも東急リバブルは、最近は「ぐっさん」を起用したテレビコマーシャルを大量に放映するなど、事業の拡大を目指し、首都圏や関西圏だけでなく札幌、仙台、名古屋、福岡などの地方の大都市にも出店を進めている勢いのある全国ネットの不動産会社です。

おすすめの理由

1.取引実績が豊富

東急リバブルが2018年に手がけた年間売買仲介件数は25,570件。
毎年仲介件数が増え、2014年と比べると1.3倍に増加しています。

2.売却査定が無料

「とりあえず査定価格を知りたい」
「まずは相談したい」
といった場合にも無料で対応してもらえます。

3.早期の売却が期待できる。

自社のホームページ、会員サイト、チラシなどの紙媒体、ポータルサイトなど
色々な販売チャンネルを持っているので、多くの購入希望者にアプローチできるので早期の売却が期待できます。

4.売れない時も買取をしてくれる

いつ?いくらで売れる?不安を解消!

期日内に売れない場合は、東急リバブルが買主となりお客様のご所有不動産を直接購入いたします。

5.「リバブルあんしん仲介保証」

売却後に見つかった不都合でトラブルになることが意外と多くあります。
そんな時の補修費用をサポートしてくれる「リバブルあんしん仲介保証」

瑕疵対応費用をリバブルが保証!無料で建物・住宅設備検査を行い、補修費用を最長2年間、最大500万円まで保証してくれるので安心です。

6.不動産のプロに相談ができる

営業マンの97%が宅建士の資格を持っています。(2018年12月6日時点)

売り時や適切な売り出し金額の相談ができます。不動産についての心配事などいろいろ相談に乗ってもらえます。

 

不動産のプロに相談するなら東急リバブルがおすすめです。

 

次にこの東急リバブルのホームページを活用した賢い住まいの売却についてお話しします。

住まいの売却にはまずは相場を知ることから

住まいを売却したいと思った時には、まずはおおよその価格を知ることが大切です。

売れる値段がわかれば、売却時にローンを返済したあと残る金額がわかります。
買い替えの場合には、次に購入する物件の予算も立てることが可能になります。

そのためには、

まず自分の住まいの近隣で同じような物件がいくらぐらいで取引されているのか
つまり 相場を知ること が大切です。

相場を知るための方法とは

相場を知るためにはいくつか方法があります。

近所の不動産会社に問い合わせる

もちろん近所の不動産屋さんに、直接行って自分の住まいを売却するといくらぐらいになるのか聞いても構いません。
しかし、個人経営の不動産屋さんにはなかなか入りにくいことや、一旦聞いてしまうと、その不動産屋さんに売却をお願いしなければならないような気がしてしまうことなどから、なかなか踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

チラシを参考にする

また、家の郵便受けには近所で売りに出されている不動産のチラシが入っている地域も多いでしょう。
そういったチラシに載っている不動産の価格から自分の今の住まいの価格を推定するということもできます。
しかし、築年数や広さ、駅からの距離といった条件が自分の住まいとピッタリあったものは少なく、実際にはなかなか自分の住まいの値段を知るのは難しいものです。

不動産会社のホームページを活用する

そこで活用したいのが、不動産会社のホームページです。
インターネットによる情報の発信に力を入れている不動産会社はたくさんあります。

全国に営業所を持っている大手の不動産会社としては、ここでおすすめしている「東急リバブル」をはじめ、「三井のリハウス」、「住友不動産販売」、「野村不動産」などがあります。

それぞれのホームページを見ると、各社いろいろ工夫を凝らしていて特徴がありますし、使い勝手にも少しずつ差があります。

このような不動産売買の仲介を行なっている不動産会社のホームページには、不動産を「買いたい人」のための情報が充実しています。

つまり、売りに出されている不動産を、場所、駅からの距離、広さ、築年数などの条件で検索でき、物件の詳しい情報が写真付きで見られるデータベースがあります。

この検索機能を使って、自分の今の住まいに近い条件を入力すると、自分の家の近くで売りに出されている物件の広さや築年数、間取りとともに価格がわかり、おおよその相場を知ることができます。

自分の家に近い家が売りに出されているかどうか、その販売価格を知ることができるというわけです。

相場を知るのにオススメは東急リバブルのホームページ

大手不動産会社のホームページにはどこでも売り物件を検索できる機能はありますが、自分の住まいを売却した時の相場を知るためには、東急リバブルのホームページが特におススメです。
東急リバブルのホームページは売り物件のデータベース使いやすくするための工夫がされています。

東急リバブルのホームページで「家を売りたい」というところをクリックすると、「無料売却査定」つまり、「住まいを売りたい人はいくらで売れるかただで査定をしますからここから申し込んでね」というメッセージが出ます。

自分で相場を調べるのが面倒な場合はこのまま申し込んでください。

東急リバブルで無料査定を依頼する

 

自分の家の価値をチェック

 

 

東急リバブルのホームページから近隣の売却物件の情報を知ることができます。

自分自身で今の住まいの相場を知っておくと、買い替えなどの参考にもできます。

まずは、東急リバブルのホームページにいきましょう。

売却その無料売却査定申し込みのメッセージが出ているページを下にスクロールします。

 

すると 売却についての疑問にお答えしますというところに

「周辺売出相場検索」というボタンがあります。


これをクリックすると、物件種別(マンション、一戸建、土地)と地域または鉄道の沿線を選ぶことができます。

そのあとは自分の住まいの最寄りの駅を選ぶと、近くで今売りに出されている物件の件数と平均価格が表示されます。

さらに間取り、面積、築年数で絞り込むこともできますが、東急リバブルのホームページは、それらの物件について、価格x間取り、価格x面積 (マンションなら占有面積)、価格x築年数のマトリックスが表示されるという特徴があります。
このマトリックスで、自分の今の住まいの条件に近いところをクリックすれば、物件の情報を見ることができます。

もちろん自分の住まいと全く同じ条件の物件はなかなかありませんが(マンションであれば同じマンションの別の部屋が売りに出されていることもあります)、築年数、面積、駅からの距離などが近しい物件の価格を知ることができます。

今の住まいの条件に近い物件の売り出し価格を知ることによって、およその相場を知ることができるわけです。

 

このように自分の今の住まいのおおよその価値(相場)がわかれば、ローンの残高や、不動産売買のかかる手数料などを差し引いて、今の住まいを売却した時に手元に残るおよその金額をつかむことができます。
そして買い換える場合には、次に買う物件を探す時に価格から物件を絞り込むこともできます。

相場を知ったら東急リバブルで査定依頼を

実際に不動産を売却する際には、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的ですので、このようにおおよその金額をつかんだ上で査定の申し込みをします。

東急リバブルのホームページでは、売りたい物件の住所や連絡先を入力することによって簡単に査定の申し込みができます。

申し込むと査定書がどどきます

不動産会社は、住まいの場所や広さや築年数などに加え、物件の状態やマンションなら方角(南向きや東向きなど)や階数、一戸建なら道路の位置など細かな条件を加味して査定します。不動産会社はさらに近隣で過去に売れた物件の価格などのデータベースから情報を取ることもできるので、それらを総合的に考えて査定します。

そして査定金額をベースに売り出し金額を提案してもらえます。

担当者とよく相談をしましょう

不動産の売買は売り手と買い手があって初めて成り立ちますので、やはり駆け引きが存在します。
査定価格より少し高めの価格で売りに出して市場の反応を見て、もしあまり問い合わせなどがなければ、しばらくしてから価格を下げて再度売りに出すというやり方もあります。
あるいは、相続などでできるだけ早く売ってしまいたいという場合もあるでしょう。そんな時は最初から少し低めの金額で市場に出すこともあります。この辺りはやはり不動産売買のプロである東急リバブルの人によく相談することが大切です。

営業エリアに注意

東急リバブルは現在、首都圏、関西圏、名古屋、札幌、仙台、福岡に支店があります。

それ以外の地域の物件を売却したい場合には、残念ながら地元の不動産屋さんなどを中心に情報を集めて相場をつかみ、売却の相談をしていくことになります。

 

不動産仲介契約を結ぶ

不動産売却を依頼

査定依頼をした際には、担当者さんの人柄もチェックしましょう。
メールや電話のやりとりでこの人に任せて安心かどうかをしっかり見極めることが大切です。

査定依頼した結果、担当者さんとの相性も良く、査定金額も納得ができて売却しても良いとなったら不動産売却の仲介契約を結び、売却を依頼します。

実際に東急リバブルで売却を依頼したお客様は97%の方が満足しているという結果が得られています。

各店舗でのお客様の声が調べられるのも安心です。

お客様の声はこちらから https://www.livable.co.jp/branch/reviews/


不動産会社との仲介(媒介)契約

売却を決めると不動産会社と仲介の契約をします。(正式には媒介契約と言います)

この契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。

このうち、「専属専任媒介契約」と「専任媒介契約」は不動産会社1社としか契約を結べません。

一般媒介契約の場合は他の不動産会社にもお願いして買い手を探してもらうことができますが、専属専任、専任の場合は、契約した会社が探した買い手にしか得ることができません。

一般の方が幅広く買い手を見つけることができそうですが、不動産会社からすると、自分以外の会社が見つけた買い手と契約するかもしれないので、広告宣伝や買い手を探す活動にいまひとつ身が入らないということになる危険性もあります。

東急リバブルなど大手不動産会社の場合は、チラシなどへの掲載も他の物件と合わせて行うことができたり、市内の他の支店で買い手を探したりというメリットもありますので、専任の契約を結ぶといいでしょう。

契約の詳しい内容についてはこちらの記事ご覧ください。

まとめ

ライフステージやライフスタイルの変化に伴って自宅を売却する時には、大手不動産会社のネットワークがある地域であれば、まずそれら大手不動産会社のインターネットのホームページから今売りに出している物件の価格を調べて、相場を知ることをおススメします。

中でも東急リバブルのホームページは、家を売りたい人が自分の今の住まいの相場を知る時に使いやすいのでおススメです。

相場がつかめれば、今の住まいのローンの残金や売買の手数料などを考えて、次の購入する物件の価格帯を絞り込むことができますね。

そして、次に査定に進みます。東急リバブルのホームページから無料査定の申し込みをして、査定額を聞くと同時に実際に売り出す時の売り出し価格の提案をしてもらい、ホームページの売り物件に掲載したり、チラシなどの広告や物件の見学の段取りをしてもらうことになります。

みなさんの思い出の詰まった住まいです。満足できる売却をして、次のライフステージへの一歩を踏み出すことができるように祈っています。

 

\ SNSでシェアしよう! /

くらすうぃず|不動産、リフォーム、インテリア等の住まいの情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

くらすうぃず|不動産、リフォーム、インテリア等の住まいの情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!