1. TOP
  2. 【必読】住宅展示場に行く時に注意する6つのポイント!後悔しない家づくりのコツ

【必読】住宅展示場に行く時に注意する6つのポイント!後悔しない家づくりのコツ

不動産 住宅
この記事は約 20 分で読めます。

 

そろそろうちもマイホーム…そう思った時に多くの人が思い浮かべるのが、

 

とりあえず住宅展示場へ行こう!

 

ではないでしょうか?

それで結構です。住宅展示場には有名なハウスメーカーのモデルハウスがたくさんあるので色んな家を見ることができます。休日にはファミリー向けに子ども向けのイベントが開催されていることも多く、家のことを調べつつちょっとしたレジャー感覚を味わえてお得な気分になりますね。

 

でもその考え、本気で家を建てることを考えているのであればちょっと危険です。

営業マンの思うツボにはまり比較検討しないままハウスメーカーを決めてしまうかもしれません。

 

今回はこれから家を建てる方に向けて住宅展示場に行く際に注意するポイントをご紹介します。

当サイトの運営者であり大手ハウスメーカーで長年勤務し、インテリアコーディネーター&二級建築士のいむらが解説します。

 

住宅展示場に行く時に気を付けたい6つのポイント

1.住宅展示場に行く目的を考えよう

いむら
まず最初に言えることは、住宅展示場は遊びに行くだけの場所ではありません!

peko
そうなんですか?楽しいイベントが多いのでついでに遊びに行くというイメージでした。
いむら
確かに住宅展示場は子ども向けのイベントが多く、ちょっとしたお祭りのような雰囲気になっていますよね。もちろんイベント目的に行くのもいいんですよ。でもそれであれば遊びに行くと割り切った方がいいですね

 

peko
目的をはっきりさせるということですか?

 

いむら
そうです。何も考えないで「家も気になるしついでにイベントも行こう」という考えが一番心配です。

住宅展示場で最初に入ったモデルハウスの営業マンのセールストークに流されて、あれよあれよと契約してしまう人も実際多数います。そのまま家を建て建てた後で「もっとこうすればよかった」と後悔してしまうかもしれません。

いむら
家を本気で見に行く場合はそれだけに専念してイベントに踊らされないようにするといいです。

住宅展示場もイベント目的なのか、家だけを見に来たのか、家でも特定のハウスメーカーだけを見に来たのか。その辺をしっかり決めてから行くようにしましょう。

 

イベントに遊びに来たのか?家を見に来たのか?住宅展示場へ行く目的をはっきりさせること!

 

 

2.最低限これだけは考えておこう

peko
住宅展示場に家を見に行くと目的が決まったとします。これですぐに住宅展示場へ行けばOKですか?
いむら
いえ、まだ早いですよ。大事なことがあります。

住宅展示場にはおしゃれな家がたくさんあって目を引きます。ついつい流されて当初の予定を忘れてしまいがちです。ですから最低限決めておくことをメモ化するなりしておきましょう。

 

peko
なるほど、では最低限決めておいた方がいいのは具体的にどういうことですか?

 

  1. 予算
  2. 広さ
  3. いつまでに建てたいか

 

いむら
まず最低限この3つははっきり決めておきましょう。

「いつまでに建てたいか」がはっきりしていれば契約を急かされることもありませんね。

これに加えて例えば「リビング階段がいい」とか、「テラスは広くないと嫌だ」などのこだわりポイント、あとはもしも木造、軽量鉄骨構造、2x4などの工法が決まっていればハウスメーカー選びがスムーズに進みますよ。

 

peko
そんなにたくさん決めないといけないんですね。

 

いむら
最初は最低限の3つでいいと思いますよ。焦らなくていいです。

でもこだわりポイントも工法も選ばないと家は建ちません。

例えば和風で木造なら住友林業、、シンプルな軽量鉄骨系がいいのならダイワハウスや積水ハウス、インテリアにこだわった2x4なら三井ホーム、ALCコンクリート系なら旭化成などいう風にハウスメーカーによって特徴があります。どんな家が欲しいのかが決まればハウスメーカー選びもスムーズに進みます

 

住宅展示場へ行く前に最低限はっきりさせておくこと

  1. 予算
  2. 広さ
  3. いつまでに建てたい

 

もしも決まっているならばハウスメーカー選びがスムーズに進む

  1. こだわりポイント
  2. 工法

 

いむら
これがはっきりしていれば住宅展示場でのタイムロスを無くせます。

 

 

3.設備は標準仕様ではない

 

peko
住宅展示場のモデルハウスと言えばオシャレで豪華で目を引くものが多いですよね。「夢のマイホーム」という感じがします。
いむら
ええそうですね。どのハウスメーカーもそれが狙いで力を入れて建てているんですよ。

ですが、モデルハウスは家自体が標準的な家よりかなり大きいです。また室内で使っている設備のグレードも最高級のものをそろえています。つまりモデルハウスは豪華な家になるように建てているので、イメージだけが先に膨らんでしまわないようにして欲しいんです。

 

peko
具体的に言うとどういうことでしょうか?
いむら
例えばあるハウスメーカーの家は「坪単価が50万から建てることができます!」と謳っている場合、坪単価50万ではモデルハウスのような家はまず建ちません。

モデルハウスの設備はどれも標準以上のグレードですから、モデルハウスを先にイメージしてしまうと後で「こんなはずじゃなかった」と思ってしまう可能性があります。

このケースで言えばモデルハウスと同じものを実際それと同じものを再現するには坪単価が80万はかかるなんて話はよくあるんですよ。

 

peko
そうなんですね。モデルハウスを見るとついつい夢が先行して膨らみそうなのでこれは覚えておいた方がよさそうですね。

 

モデルハウスの家は大きく設備は最高級のものを使っている!
最低限の予算でモデルハウスと同じ家が建つとは思ってはいけない!

 

 

4.アンケートを書くかどうかは営業との相性で考える

peko
住宅展示場って素敵な家を見れて楽しいんですが、アンケートに名前や住所を書かないといけませんよね?その後一斉に電話がかかってくると思うとちょっと嫌だなって思うんですが。その辺何か対策はありますか?

 

いむら
私もハウスメーカーでの勤務経験が長かったので営業マンとお客様どちらの立場もわかります。全部のハウスメーカーで正直にアンケートを書かなくてもいいんですよ。

「検討している段階なので資料だけください。」

そう言ってアンケートの記入を断ってくれてもいいんです。

 

peko
なるほど、それでも強引に来る営業マンっていませんかね?

 

いむら
もちろんいるでしょうね。それが嫌だなと感じたならそれはその営業マンとの相性が良くないのかもしれませんね。そういう場合はなおさらアンケートへの記入はやめておくのも一つの手です。

実はモデルルームで喋った人がその後の担当になることがどこも多いんですよ。だからアンケートの記入はその時の印象で決めたらいいと思います。

ただ名前を書くと翌日すぐさま電話がかかってくることは想定しておいてくださいね。

 

 

アンケートに記入するかどうかはその時の営業マンの印象で決めてみてもいいかも。

断りたい時は「検討している段階なので資料だけください。」と言っても大丈夫。

 

アンケートに答えなくても気なるハウスメーカーの資料は持ち家計画資料一括請求プログラムから一度にまとめて取り寄せることもできます。

資料請求はこちらから

 

 

5.比較検討をしっかりする

peko
他に住宅展示場に行く時に注意することはありますか?
いむら
1社だけで決めずに必ず比較検討をしっかりしてほしいと思います。家って一生の買い物ですからしっかりと比較検討してから決めないと絶対に後悔します。

他社と比較している段階なら正直にそう言ってもらっていいんですよ。そうすれば値引き価格も変わってくるかもしれませんしね。

念入りに比較検討して選んで建てても、思っていたのと違うって感じることは少なからず絶対に発生します。それをいかに少なくためには比較検討が大事なんです。

peko
では、住宅展示場へ行っても数社は回った方がいいということですね。
いむら
それでもいいんですが、住宅展示場のモデルハウスに行ったとしてしっかり説明を聞くと1時間はかかります。3社なら3時間かかる。ちょっと疲れてしまいますよね。

ですから今日はダイワハウスの説明を聞く、次は積水ハウス…など複数回に分けてもいいと思いますよ。

 

peko
そんなに何回も行くものなんですね!
いむら
人によりますが、それくらい念入りに比較検討してもいいと私は思っています。

 

1社で決めず複数社で比較検討する。

他のハウスメーカーと検討中であることを営業マンに言ってもいい。

 

 

6.割引やキャンペーンに踊らされてはいけない

peko
しっかりと比較検討してハウスメーカーが決めて、感じの良い営業マンであればすぐに契約してもいいのでしょうか?
よくキャンペーン中なので値引きしてくれるということがあり、それならば早くするべきなのかなと焦ってしまうことがありそうです。

 

いむら
そうですね、「割引」や「~キャンペーン」というのはハウスメーカーの戦略です。


「~日までなら~パーセント割引です。」

「~からは値上がりします。」

 

いむら
希少性を高めるための謳い文句です。もちろんそれを適用すれば本当に割引になるでしょうが、割引やキャンペーンは何かしら名称や方法を変えてずっと続いている場合が多いですよ。
いむら
割引やキャンペーンよりもしっかりと比較検討して納得のいく1社を決めることに時間をかける方が大事かなぁと思います。

 

peko
なるほど、これは大事なことですね。

 

割引やキャンペーンに踊らされない!

何かしらのキャンペーンは常にしていることが多い!

 

 

まとめ

住宅展示場に行く時のポイント6つをご紹介しました。

 

  1. 住宅展示場に行く目的を考えよう
  2. 最低限これだけは考えておこう
  3. 設備は標準仕様ではない
  4. アンケートを書くかどうかは営業との相性で考える
  5. 比較検討をしっかりする
  6. 割引やキャンペーンに踊らされてはいけない

 

住宅展示場へ足を運ぶことは家づくりの最初の第一歩です。ここで面倒でもここでしっかり時間と手間をかけて自分たちが望む条件を決めてそれを叶えてくれそうなハウスメーカーを選ぶといいでしょう。

 

家は一生の買い物です。

 

私も家づくりを経験したのでわかりますが、建った後で後悔するポイントは何かしら出てきます。

ただ家を建てる時に何事においても比較検討をしっかりしたうえであれば後悔も少なくてすみますが、何となく営業マンに流されて何となく建てた家は他人のせいにしてしまい後悔してしまいがちです。

 

家づくりはあなたのためのものです。ここでご紹介したことがあなたの家づくりのお役に立てれば幸いです。

 

ハウスメーカーや工務店を選ぶ際にはしっかり比較検討することが大切です。様々なハウスメーカー・工務店の最新資料を一括で簡単に請求できるサービスがあります。

>>持ち家計画資料一括請求プログラム

住宅展示場やモデルハウスに行く前や行ったあとで気になるメーカー資料請求をするときに便利です。

資料請求はこちらから

 

参考記事

\ SNSでシェアしよう! /

くらすうぃず|不動産、リフォーム、インテリア等の住まいの情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

くらすうぃず|不動産、リフォーム、インテリア等の住まいの情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

peko

peko

北欧インテリアが大好きなライターです。
可愛くて手ごろなもので快適で暮らしやすい家にすることがモットーです。

「はらぺこかぞく」というブログも運営しています。
pekoの詳しいプロフィールはこちらからどうぞ